リレンザの画像

リレンザ、名前だけは結構有名ですよね。インフルエンザにかかった時に使う薬、という認識はあると思います。ですが、リレンザは普通の薬のように内服するものではなく吸入するタイプの薬です。その吸入方法のコツやリレンザについて色々とお話していきます。

A型インフルエンザでリレンザ使用時アルコールは?

主に秋から冬にかけて流行するインフルエンザは、A型とB型です。B型はA型の感染が落ち着いたころから流行する傾向にあり、1年に2回、インフルエンザに感染する人もいます。
インフルエンザA型に感染した場合、発症後48時間以内であればリレンザの効果を得ることができます。リレンザは抗インフルエンザウイルス薬と呼ばれ、ウイルスの増殖を抑える働きがあります。
リレンザを使用すると、少しずつ症状が軽くなっていきます。体が楽に感じるのはおおよそ3日目ぐらいからで、このころから家の中を歩いたり、食事をしたり、家族と話をしたりすることができます。
そのためアルコール摂取をしたいと考えますが、リレンザを使用している5日程度は控えた方が良いでしょう。
インフルエンザに感染した場合、高熱が出ている間は寒気がするので、体を温めます。体を温めるのにアルコールを飲んだ方が良い感じがしますが、アルコールは一時的に体を温めることはできても、それ以上に胃腸に負担をかけることになります。また、利尿作用があるので、脱水症状を起こしてしまう可能性もあります。血液中の水分も奪ってしまうので、気を付けるようにしましょう。
インフルエンザ感染後に飲み始める場合も、アルコールを摂取することにより、インフルエンザのウイルスを外に排出する力が弱まってしまうので、いきなり大量を飲むのはやめましょう。350mlを超えないようにすることが大切です。
リレンザはウイルスを死滅させているわけではありません。あくまで増殖を抑えているだけですので、症状が良くなっても体内にはウイルスが潜んでいる状態でもあります。油断せず、しっかり治してから飲むようにしましょう。

上へ戻る