リレンザの画像

リレンザ、名前だけは結構有名ですよね。インフルエンザにかかった時に使う薬、という認識はあると思います。ですが、リレンザは普通の薬のように内服するものではなく吸入するタイプの薬です。その吸入方法のコツやリレンザについて色々とお話していきます。

粉末剤であるリレンザの使用で回復するか

粉末剤であるリレンザは、抗インフルエンザウイルス薬の1つで、同じ粉末剤にはイナビルがあります。リレンザとイナビルは粉末剤で薬を吸い込むタイプなので、喉につくことの多いインフルエンザウイルスに直接作用し、タミフルよりも早くに回復することができます。
インフルエンザのウイルスは発症してから2日か3日で、増殖がピークとなります。増殖がピークになった時にリレンザを使用しても、熱は下がりにくく、なかなか効果は現れてきません。リレンザを使用するには発症後48時間以内が良いので、高熱などの症状が出たら早めに医療機関を受診するようにしましょう。
リレンザを使用すると、おおよそ2日ほどで症状が軽くなってきます。そのため、家の中を歩いたり、買い物に行ったりしてしまうことがありますが、インフルエンザの特徴として3日目から鼻水や咳がひどくなることが多いです。鼻水や咳にはウイルスが 含まれているので、他の人に感染させてしまうことがあります。リレンザを使用している期間はできるだけ外出せず、体をしっかり休ませるようにします。なお、ウイルスは死滅しているわけではないので、途中でリレンザの使用をやめてしまうと、再び熱が出ることがあります。5日間と指示されたら、きちんと使い切るようにしましょう。
インフルエンザに感染したら、薬を使用し、ゆっくりと休むことが必要です。免疫力を高め、早く回復するためにも栄養や水分をとり、睡眠時間を確保するようにします。
熱が出ている時は、体を温めますが、手足が温かくなり、熱が下がってきたら首や脇の下を中心に冷やすようにします。こうすることでリンパ球の働きが活発化し、早く回復することができます。

上へ戻る