リレンザの画像

リレンザ、名前だけは結構有名ですよね。インフルエンザにかかった時に使う薬、という認識はあると思います。ですが、リレンザは普通の薬のように内服するものではなく吸入するタイプの薬です。その吸入方法のコツやリレンザについて色々とお話していきます。

リレンザはいつから飲めば良いのか体質の影響はあるか

リレンザは一体いつから飲めば良いのかというと、家庭の中に感染者がいて感染のおそれがあるときであったりあるいはインフルエンザが発症した初期の段階で飲むと効果的です。
なぜかというとリレンザの効果というのは、インフルエンザのウイルスを殺す働きを持っているのではなくウイルスの増殖を防ぐ効果を持っているので、ウイルスが増えてしまってからでは効果が半減してしまい、逆にウイルスの数が少ない時ほど効果的なものとなっているためです。

発症から48時間以内であれば、劇的な効果を見込めるとされているので少し体調が悪くなってインフルエンザかもしれないと思った時には、早めにリレンザを飲むことで症状が悪化するのを防ぐことができます。
同じように家の中にインフルエンザの患者がいれば、感染の可能性というのは高まってしまうものですが、リレンザを服用していればウイルスが体内に入り込んでも増殖を抑えることができるので発症をすることなく感染を予防することができます。

リレンザは体質によって影響があるかということですが、これは人によっては相性があるので合わないという人もいないわけではありません。
相性が合わない場合には、副作用等が出ることがあるためそのような時には服用を中止して医師に相談をするようにしましょう。
無理して服用を続けていると、別のところで悪影響が出るおそれがあるので自己判断で使い続けることがないようにしなければなりません。
しかし、リレンザは基本的に体質によって悪影響が出る恐れの低い薬であるため副作用が出ること自体まれなものとなっていますから、あまり神経質になる必要もなく安心して服用をすることができる薬となっています。

上へ戻る