リレンザの画像

リレンザ、名前だけは結構有名ですよね。インフルエンザにかかった時に使う薬、という認識はあると思います。ですが、リレンザは普通の薬のように内服するものではなく吸入するタイプの薬です。その吸入方法のコツやリレンザについて色々とお話していきます。

リレンザとラピアクタと特許について

インフルエンザは、気温が低くなり空気が乾燥する冬に流行することが多い病気です。
インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因となって発症します。
高齢者がインフルエンザにかかると、肺炎や気管支炎などの合併症を起こす危険があるので、気をつける必要があります。
インフルエンザは、風邪と似た症状が出ますが、普通の風邪とは原因となるウイルスが異なります。
風邪は、インフルエンザほど高い熱が出ません。
しかし、インフルエンザは38度以上の熱が出て、筋肉痛や関節痛、頭痛などの症状が出ます。
現在、様々なインフルエンザの治療薬が発売されています。
特許を取得して新しい薬剤を開発している製薬会社も多いです。
インフルエンザウイルスに直接作用する抗ウイルス薬として知られているのが、リレンザです。
リレンザは、粉末状の吸入薬で、吸入器を使って成分を気道に作用させます。
治療薬だけでなく、インフルエンザを防ぐ予防薬としても処方されることがあります。
リレンザは、ノイラミニダーゼの働きを阻害することでウイルスの増殖を阻止します。
リレンザは、薬を処方してもらったら、すぐに吸入することが大切です。
副作用がほとんどないリレンザですが、稀に副作用が出る患者もいます。
蕁麻疹やめまい、手足のしびれなどの症状が出た場合は、すぐに薬の使用を中止して病院で診てもらう必要があります。
インフルエンザの薬には、点滴タイプの薬もあります。
点滴タイプで有名なのが、ラピアクタです。
ラピアクタは、2010年に承認された抗ウイルス薬です。
子供から大人まで使えるラピアクタは、症状によって使う量を調節することができます。
内服薬や吸入薬での治療が難しかった人でも投与できます。
ラピアクタは、即効性があるので人気が高い治療薬のひとつです。

上へ戻る