リレンザの画像

リレンザ、名前だけは結構有名ですよね。インフルエンザにかかった時に使う薬、という認識はあると思います。ですが、リレンザは普通の薬のように内服するものではなく吸入するタイプの薬です。その吸入方法のコツやリレンザについて色々とお話していきます。

インフルエンザの注意喚起、リレンザが最善策か?

インフルエンザは、秋の終わりから春先にかけて流行する感染症です。
インフルエンザウイルスによって、感染していきますが感染力は強く、潜伏期間が1日から2日と短いです。ウイルス自体も、乾燥した空気中であれば、2日ほど漂うことができ、漂っているウイルスを吸い込むことによっても感染していきます。
インフルエンザの流行時期には、流行している地域を発表するなど注意喚起がなされます。ですが、なかなか浸透されず毎年流行してしまう傾向にあります。インフルエンザは、小さい子供が感染した場合、インフルエンザ脳症をひきおこすことがあり、高齢者の場合は肺炎を引き起こします。妊婦が感染した場合も切迫早産を起こしやすく、重症化しやすい病気です。感染した場合、タミフルやリレンザが処方され、症状は軽くなっていきますが、10代の子供は、せん妄が起きたり、奇声を発したり、飛び降りたりと異常行動が起こることもあります。
一番はインフルエンザに感染しない、感染させないということが大切ですので、流行時期になったら人混みなどを避け、手洗いをする、マスクを着用するなど注意するようにしましょう。
インフルエンザに感染した場合、リレンザやタミフルを使用するのが最善策ですが、リレンザを過信しないようにします。リレンザは吸入薬のため、喉に痰が絡んでいる場合は効果が少ないことがあります。また、リレンザを使用すると2、3日程度で体が楽になってきます。その段階でリレンザの服用をやめてしまうと、ウイルスが増殖を始めてしまい、自分の体が辛くなるだけでなく、他の人にも感染させてしまうことがあります。リレンザを使用している間は外出を控えるようにしましょう。

上へ戻る